HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

ペニス(陰茎)の増大について

ペニス増大術の様々な手法と正しいアプローチ

ヒトの陰茎のサイズ(ヒトのいんけいのサイズ)は、多くの男性にとって重大な関心事です。大きな陰茎を男らしさの象徴と見なす人もいれば、陰茎が性的なパートナーを満足させるには小さすぎることを心配する人もいます。 こうした不安が、陰茎のサイズについての多くの誤解を生み、陰茎増大産業の誕生につながっています。陰茎増大を望むには基本的な知識と安全性を確認する必要があります。

ペニス(陰茎)の増大は可能か?

陰茎成長は18~20歳以降の成長期を過ぎた成人には不可能と思われている方々は多いと思われますが、それは間違いです。 まず、何をもって成長期とするか、何故成長期には陰茎増大が成されるのかという要因において
成長期を過ぎたペニスを増大させることは人体構造学的に可能です
「ペニス増大法」とひとくくりで語られることが多いようですが、その内容は千差万別です。医学的にペニスは、単なる泌尿器官、生殖器官であり人体の他の器官とさほど差異はありません。 ホルモン治療、DNA治療、外科的に処置を含めれば陰茎増大という一言では足りず、陰茎自体を形成することすら実現可能です。 極端な例で言えば、性同一性障の女性に対して、疑似陰茎を備えて勃起させることすらも現代医療では可能なのです。


元から健康な状態で備わっている陰茎組織自体の成長という観点では、上記のような特殊な治療をせずとも十分に実現できることです。 しかしながら、世間では医療的臨床結果に基づいた成果を湾曲して伝え、あたかもそれらで陰茎増大が可能かのように広告される増大術が多く蔓延しています。 効果があるにしろないにしろ、陰茎増大を望む皆様は、どういった種類が存在し、どれが正しいアプローチであるかを知っておきましょう。

具体的なペニス(陰茎)増大の方法と種類

インターネットで『ペニス増大』などと調べれば、沢山の広告や製品が見受けらると思いますが、その種類は様々です。 トレーニングや器具、サプリメントや美容外科、さては陰茎増大のHOWTO本などまで多くの商品が販売されていますが、過去より長く販売されており、有名なものとしては下記手法などが知られています。

増大器具やトレーニングによる陰茎増大 手術・整形治療による陰茎増大 薬剤やサプリメントによる陰茎増大

Agnes/アニエスによる陰茎増大

ここでは、世間一般で知られている増大手法と方法、リスクや成果など、各増大術ごとに紹介しています。 既に経験されている方も、今からいずれかを実践してみようと考えている方も、効果や方法、リスクなど様々な角度から検証してみましょう。

性器短小

日本には性器短小という病気は存在しません。
ペニスが小さいというのは他の病気や異常に伴う症状としてはあっても、それだけでは病気ではないということです。
治療の対象となるのは特異的な遺伝的特徴を持っている方か、性腺機能低下症の場合か、思春期遅発が著しい男性に対して行われます。この場合でも治療の目的は2次性徴の発現ということで、成人のペニスの大きさなど問題外のようです。 思春期の段階であっても、精巣の容積が基準以上、陰毛が生えている、射精ができるとなれば、ホルモンの異常もなく問題なし、となる可能性が高く治療対象としては扱われません。 逆に言うとこのような場合は陰茎増大という対処という区分ではなく、別機関での治療として扱われます。

マイクロペニス micropenis

マイクロペニスの一例
マイクロペニスの一例
医学的に病気と認められているものには、マイクロ(ミクロ)ペニス micropenisというものがあります。

これは、乳幼児でペニスが特に小さい場合をさします。 米国の基準ではペニスの長さが乳幼児で1.9cm以下だとマイクロペニスだと診断され、詳しい検査を受けたほうが良い、となるようです。

長さはペニスを引き伸ばして上側を恥骨から測ります。
あくまで、この測定方法による意味は性行時の挿入部分という点における実寸を測るものなので、陰茎露出部分を対象にします。あまりに恥骨部分に押し込んで計測しても正しい計測は行われません。

乳幼児以外の年齢でも基準があり次のようになっています。

米国研究機関におけるマイクロペニスの基準
0-5ヶ月 0.75 インチ(19mm)
6-12ヶ月 0.9 インチ(23mm)
1-2 才 1.0 インチ (25mm)
2-3 才 1.1 インチ(28mm)
3-4 才 1.3 インチ(33mm)
4-5 才 1.4 インチ(36mm)
5-8 才 1.5 インチ(38mm)
8-11 才 1.5 インチ(38mm)
成人 3.7 インチ(94mm)
ただし、これは米国基準なので、もともと欧米諸国と比べて平均サイズが小さい傾向にある日本人や東南アジアの黄色人種の場合、勃起時のサイズが5cm以下のペニスをマイクロペニスと呼んでいます。

この基準は長さが平均より標準偏差の2.5倍以上小さい人となっており、約0.6%の乳児があてはまります。この条件を成人にも当てはめて94mmとしているようです。

日本でも小児に対して、肥満でもないのに立小便ができないような大きさだと、ホルモン治療等で増大治療を行うことがあります。

医療現場における陰茎増大治療の取り組み

医学的な陰茎増大に対するアプローチでは、整形治療でなければコンプレックスなどの為に行うものではなくあくまでも正常な性行為ないし、泌尿時の異常改善、先天的特徴に対する治療の一環として増大治療を行うことが前提です。
ペニスが小さいということ自体が生活に支障を来さない範囲内であれば、治療として扱われることはありません。

しかしながら、先進国を中心に、ホルモン剤の直接投与や成長薬品の服用、外科治療による埋没部分の取り出しなど、特殊環境における陰茎異常の改善は確かに行われており、陰茎増大術というものは確立された治療として成り立っています。
陰茎サイズの治療は医学的には既に解決されている問題です
治療の対象となるのは特異的な遺伝的特徴を持っている方か、性腺機能低下症の場合か、思春期遅発が著しい男性に対して行われます。 そういった特殊状況における治療が多くを占めており、男性自身のコンプレックス改善という点では美容治療の一環として施される程度で、それ自体もあくまで見た目的な治療でしかありえません。 そして、そういった不明瞭である陰茎増大術に対する不安が、陰茎のサイズについての多くの誤解を生み、陰茎増大産業の誕生につながっています。
TOP > ペニス(陰茎)の増大について
ペニス(陰茎)の増大について関連する項目
このページの先頭へ