HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

薬剤やサプリメントによる陰茎増大

美容クリニックなどで行う外科的な陰茎増大

薬剤やサプリメントを使った陰茎増大

服用型陰茎成長が医療機関にて推奨され始めたことにより、成近年では最も効果のあるものとして広まっています。 精力剤効果のものや、精力効果に併用した増大効果を望むものなど、処方・成分などによって用途は全く異なります。

大きく分けてふたつ、勃起力を上げるものと増大効果を見込むものがあります
» 陰茎勃起型サプリメント
精力剤として販売されることが多く、男性用サプリメントのひとつとして大変人気のある製品です。滋養強壮効果の高い漢方などで配合され男性自身の勃起力向上を促進します。勃起力向上に併せて増大効果があるとして販売している場合もあります。

» 成長成分配合型サプリメント
アルギニンやシトルリンなどのアミノ酸を含む漢方や薬品を基準に、血流拡大を行いやすい配合を行い、陰茎の増大や勃起力向上を望む製品です。精力剤とは違い、狙いを勃起力に定めたものではなく陰茎増大へのアプローチとして販売されています。


陰茎勃起型サプリメント 成長成分配合型サプリメント Agnes/アニエスによる陰茎増大

薬剤やサプリメントを使った陰茎増大効果

陰茎増大は身体の中からアプローチを行える服用型成長が最も適しています
陰茎増大の根本は「海綿体成長」を起こすことが前提であり、トレーニングや美容整形ではそれらを行えません。 身体の中で分泌される男性ホルモンや成長成分量を増加することで海綿体組織を増大させなければいけないので、 外部から補充できる服用型成長が最も陰茎増大には適しています。成長速度や成長効果には個人差がありますが、確実に増大効果は得られます。

効用期待の全ては使用有効成分の内容と配合次第です
ホルモン分泌を促したり血液を拡大したりと、陰茎アプローチには日常代謝機能の変化として様々な効果を必要とします。 一般的には、成長期に似た新陳代謝や体内変化を起こす状態に出来うる処方が良しとされていますが、効果や期待値は配合されている成分や処方量によって全くことなります。 その為、全く効果の無いものや人によっては効果のあるものなど様々です。市販品につきましては効果には個人差があります。

サプリメント使用にあたり注意すべき点

サプリメントの摂取は直接体内に取り込んでしまい、効果がないからと言って乱用することは非常に危険です。 どのような微配合の成分で構成されていても一部の漢方や薬品が体内のどこかしらに影響を与えることは十分に起こりうることです。 必ず服用前に、配合成分がどのような役目を担っているのか知る必要があります。
ほとんどは薬剤師等を備えた専門的な施設で製造されたものではありません
» どのような薬品や漢方にも副作用はあります
よく見受けられる危険な広告としては、「自然食品だから副作用がない」、「漢方だから安全」などと書かれていますが、微配合だから・漢方だからといって副作用が全く無いわけでは決してありません。 例えば、食卓にある塩を過剰摂取すれば身体に異変を来すように過剰摂取は大変危険であり、処方内容によっては不調を来す配合のものも存在しています。

» 薬品や漢方の配合量のみを売りにしている製品は危険
よく、「L-シトルリン」や「アルギニン」などアミノ酸成分やその他配合成分の呼称を強く謳った製品を目にしますが、確かに血流促進効果や滋養強壮効果の期待はあります。 しかし、これらの摂取量を増やしたからといって、他成分と体内で反応を起こさなければ意味はありません。逆に反応を起こさない成分を過剰摂取するということは代謝で流しにくいものを体内に保有するという点で危険です。

» ほぼ全ての製品は陰茎増大効果がありません。長期利用は控えましょう
現在、多くの増大効果を売りにしたサプリメントが販売されていますが、独立行政法人 国立健康・栄養研究所の「素材情報データベース」の調べによると、市販品146種の成分表を確認した上で、僅かでも効果を見込めるものはわずか2製品のみでした。 このように、ほとんどのサプリメント製品には陰茎増大効果はなく、効果のないものを長期に渡り服用することも体内に何を入れているのかが分からない為オススメできません。

TOP > ペニス(陰茎)の増大について > 服用型やサプリメントによる陰茎増大
ペニス(陰茎)の増大について関連する項目
このページの先頭へ