HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

Agnes(アニエス)のメカニズム

陰茎増大を確立する正しいアプローチ

埋没陰茎長茎手術

ペニス(陰茎)成長の限界という誤解

陰茎成長の経過としてサイズが一定値まで達する成人になるまでに、まず成長期というものが存在し、一般的に成長期とは、思春期を迎えた後の3~4年間をいいます。 男性の場合は、大体中学生~高校生ごろに大きく成長し、医学的には骨に【骨端線】が残っている時期までが成長期と呼ばれており、身長や体毛、筋肉など男性ホルモンの関係で大きく変化していきます。


ここで、よく大きな誤解が生じていますが、身長などの成長を問題にした場合、筋組織や細胞などの問題よりも多くは骨格そのものの成長が必要な為、成長期を過ぎた後に大幅な成長を望むことは非常に難しいものと言えますが、陰茎自体は骨組織とは違い、ある程度軟度のある組織と血管細胞などで形成されています。 したがって、
身長に必要な骨組織とは異なり、陰茎は年齢問わず成長させることができる
普通の成人男性の血管
普通の成人男性の血管
一概に全てが陰茎増大の因果関係に繋がるかといえばそうではありませんが、非常に近しい成長例としては、 ボディビルダーのような筋組織のトレーニングなどが挙げられます。 成人後の肉体変化としてはダイエットなどと共に非常に解りやすい例なので簡単に比較してみましょう。

まず、一般の成人男性の特にスポーツなどをしていない例を挙げてみると、右図のような上腕部の方を見られたことがあると思います。

こちらに対して下図はトレーニングしている男性の上腕部のようすです。

トレーニングなどの成長経過を記しているようなブログや画像などでもこういった比較画像は多く拝見できると思いますが、 陰茎増大についての相関関係として着目すべきは点は、腕回りの血管組織の相違が重要な箇所です。


トレーニングしている男性の血管
トレーニングしている男性の血管
体脂肪の減少により、痩せ型の方などはある程度血管が浮き出てくることはありますが、普通の男性と比べ、トレーニングしている男性の腕回りの血管については 非常に太く、長く走っている(伸びている)ということがよくわかります。

これは一体どういう変化かと言うと、筋力トレーニングをすると、主動筋(運動部位)へ動脈からより沢山の酸素を運ぼうとするため、血流がよくなり次第に血管も太く・長く発達します。 そして、これら発達した血管により、酸素と同時に沢山の栄養分も付近の細胞に行き渡りやすく、この場合三頭筋や二頭筋等の筋組織の成長を助けます。

身長を伸ばすなどの為の骨組織の成長は、成長期を過ぎると困難な問題ですが、年齢を過ぎた体重増加などに現れるように脂肪や血管、筋組織など変化しやすい組織については成長限界を気にせず、どのような年齢でも発達を促すことが可能です。

そして、一度発達した血管は非常に元に戻りにくいという特徴があります。

悪い例による血管の発達などは、肥満による体重・体積増加による血管成長が挙げられます。
脂肪細胞も酸素と栄養供給を受けて老廃物を出さなくてはいけないため、 血管が脂肪細胞を立体的に取り囲まなければならないからです。 太って体重が増えるとそれに伴って血管の長さも立体的にかなり伸びることになり、 またこのように伸びた血管を心臓がつかさどるので、心臓は負担を受けるようになります。 成人の肥満による脳卒中や糖尿病、心筋梗塞などはこれにあたります。
一度太ってしまった状態を長く続けた人が中々元の体重に戻りにくいのは血管組織が発達して栄養分を以前より多く送り出そうとしているためです。 以前と同様の食事量などで体重維持を続けらるようになるには、体積に見合った血管量の収縮が行われるまでのそれなりの期間が必要になります。

海綿体組織を大きくするために血管を伸ばす・太くする

バイアグラなどに見られるシルデナフィルを利用した、勃起不全 (ED)治療薬についても、 肺動脈性肺高血圧症の薬として開発された過程で血管拡張を促進する作用がある事から陰茎内血管を拡張し、勃起剤として活用された歴史があります。これに見られるように
海綿体組織の血管に対し、血行促進を促すことで活性化をもたらします
血管内の血液の流れ
血管内の血液の流れ
実際にはこれだけでは、単なるED改善薬としての効果を背景に実証された見解ではありますが、まずは血流をよくする必要性を学びましょう。

・ 成長期を過ぎた成人でも脂肪や筋肉のように血管も成長する
・ 多くの血流が流れることで血管は増えたり太らせることができる
・ 血流量に比例して、たくさんの栄養素を周囲の組織に運ぶことが出来る

スポーツや運動に真剣に取り組んでいた方などには、栄養学や身体の仕組みについてある程度の知識を持たれている方もいらっしゃるでしょう。 その中で、トレーニング効果を促進するものとして食生活や有効成分の摂取は密接な因果関係にあります。 陰茎増大という理屈においても、肥大化させるにあたり『陰茎(海綿体組織)を成長させる』という必要性があります。
Agnes は血行促進作用を利用して、海綿体組織自体を肥大・長茎させます
血流効果を促進し、血管を長く・太く成長させる
血流効果を促進し、
血管を長く・太く成長させる
forward
確保した血流に有効成分を取り込み成長を促進する
確保した血流に有効成分を
取り込み成長を促進する
forward
有効成分の摂取により海綿体を直接成長させる
有効成分の摂取により
海綿体を直接成長させる

血流促進によって、勃起現象の助長やED改善に影響が与えらることは昨今の研究では広く知られています。 それだけ多くの血流を送ろうとする作用を持続することが出来れば(勃起作用に限らず)、陰茎内血液の発達というものは促すことが可能です。

Agnes では、持続的な服用により成長した血流(パイプ)を利用して、海綿体に直接有効成分(栄養)を送り込みます。 美容外科などでは、直接陰茎に男性ホルモン等を促進する成分を注入する方法もありますが、継続性が低く、効果の薄れも早い為、持続性の高い服用型処方で十分な効果を得ることが出来ます。 そして、血流の成長と増加を一定以上確保できる期間を保つ為、使用後においても海綿体組織の成長は保たれ、元のサイズに戻りにくいという特徴があります。

海綿体組織の成長に必要な男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌を助ける

マイクロペニスの一例
男性ホルモン(アンドロゲン)
アンドロゲンとは俗に男性ホルモンなどと呼ばれ、雄の副生殖器の発育および機能を促進し、第二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからできています。 乳児期早期(1-3ヶ月)の男性は思春期並に分泌量が多く、将来の精子形成に重要だとされているが、2歳から思春期を迎えるまでは分泌量が減少します。 思春期開始時は男性器の発達のみに作用し、男性器の成長の第2段階から第3段階かけて分泌量が急激に増大することが特徴に現れます。

この特徴は成人男性の成長期には非常に近しい現象として、成長期の陰茎変化によりよく現れていることでしょう。 中学生頃~成人にかけて陰茎が成長しやすいのもその為です。
海綿体組織の成長に必要な男性ホルモンの分泌は、成人後も十分行えます
思春期の陰茎増大に大きく影響を及ぼす男性ホルモンですが、これは成長期を過ぎてももちろん分泌されます。 日常生活や食生活、睡眠時間などでも助長されますが、一番身近な例としては、適度な性的欲求なども男性ホルモンの分泌を促進する効果が有ります。
中には、一定期間、性生活が充実している期間などを続けていると、陰茎自体が少し大きくなったように感じる人もいると思いますが、これは継続した男性ホルモンの分泌により海綿体組織にある程度影響を及ぼしているからです。

この、陰茎増大を助ける男性ホルモンについては、成人後は成長期程の多量分泌を普段の生活では望めません。 注射による直接投与や食生活、栄養剤などで分泌量を促進させる外部の力を借りなければ成長期程の分泌量は出ないのです。

この男性ホルモンの確保として、悪い意味で有名な薬としては、『アナボリック・ステロイド』というものが存在します。




ステロイドの常用により異形に成長した男性のペニス
ステロイドの常用により
異形に成長した男性のペニス
非常に悪い例として多くのアスリートを魅了し続けてきたアナボリック・ステロイドですが、必要以上のタンパク質育成や男性ホルモンの分泌により、使用後体内でホルモンを育成することが出来なくなり、色々な重度の副作用が起こります。

使用中は、ホルモン分泌量なども促され、非常に精力的に活動出来るようになりますが、あまりにきつい薬なので様々な体調変化が起こり、常用し続けることは出来ません。男性の場合は、精力減退(ED)、乳房の女性化、陰茎の肥大、睾丸の萎縮、無精子症。女性の場合は胎盤の男性化、声の深化、無月経、クリトリスの肥大など深刻な副作用が残ります。

これはあくまでも悪しき例であり、身体全体の筋肉の発育やアスリートなどでなければこれほどの大量の男性ホルモンの分泌は逆に危険です。陰茎増大においては通常以上の分泌量を促すだけでも十分に効果を得ることができます。

Agnes は、漢方や自然薬により安全に海綿体成長成分を摂取します
ほとんどの薬品などには、ある程度の副作用が存在し、過度の摂取等は危険ですが漢方や自然薬・食品などは、配合量や薬効によりごく自然的に人体の代謝を助長することができます。 日常生活においても分泌しうる男性ホルモンを自身の体内において育成・増加するには薬物などで不自然に摂取するよりも、自身の身体において自然に形成されることが非常に重要であり、それによって副作用のリスク発生を抑えることが可能です。

多くの方法では血液拡張を行うだけで海綿体自体の成長は望めない

前項に挙げたように、血液拡張が効果的ならばバイアグラなどの陰茎勃起薬などでも成長が望めるのではないか?と思われがちですが、それは間違いです。 それは勃起作用の助長として、ED薬などを使用した結果、血液流動率を上げることに成功したとしても持続性に欠ける為、血管自体の成長は見込めなません。有効成分なども保有せず、結局は陰茎(海綿体組織)の成長にはほとんど繋っていないからです。 そして、昨今では『血流促進=勃起作用』を安易に及ぼす成分を手軽に配合できる為、それらを利用した製品を【陰茎増大】と謳う製品が蔓延しています。
海綿体組織の成長を行わなければ陰茎増大という効果は得られません
陰茎内血管静脈の圧により肥大しているように見えるだけ
陰茎内血管静脈の圧により
肥大しているように見えるだけ
多くの増大効果を謳う製品のほとんどは、陰茎内血流を拡張し勃起作用を助けているものですが、 陰茎内血流の圧によって少しばかり陰茎が肥大して見えるだけで一過性のものでしかありえません。

過度のリビドー(性的衝動)を得た折に、いつもより硬く勃起したペニスが普段より大きく見える程度の現象でしかないのです。

そして、それらは一過性のものであり継続性はありません。従ってある程度服用して血流拡大により血管の肥大を望めたとしても、増大成分を海綿体組織に有効に与えられない為、服用終了後短期間で元のサイズに戻ってしまいます。

陰茎増大ビジネスの中には器具やサプリメント、軟膏など多種多様な方法でアプローチをしてあたかも成功したような事例を報告している商品を多くみかけますが、 医学的観点から確固たる臨床経過を得なければ真の成果は得ることができません。

日本人の体質に合った配合量と成分選びを実現

医学的な陰茎増大に対するアプローチでは、整形治療でなければコンプレックスなどの為に行うものではなくあくまでも正常な性行為ないし、泌尿時の異常改善、先天的特徴に対する治療の一環として増大治療を行うことが前提です。
ペニスが小さいということ自体が生活に支障を来さない範囲内であれば、治療として扱われることはありません。

埋没陰茎長茎手術
陰茎サイズの治療は医学的には既に解決されている問題です
治療の対象となるのは特異的な遺伝的特徴を持っている方か、性腺機能低下症の場合か、思春期遅発が著しい男性に対して行われます。 そういった特殊状況における治療が多くを占めており、男性自身のコンプレックス改善という点では美容治療の一環として施される程度で、それ自体もあくまで見た目的な治療でしかありえません。 そして、そういった不明瞭である陰茎増大術に対する不安が、陰茎のサイズについての多くの誤解を生み、陰茎増大産業の誕生につながっています。
TOP > Agnes(アニエス)とは? > Agnes(アニエス)のメカニズム
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ