HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

α-リポ酸の効能・効果

α-リポ酸(リポ酸)の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

α-リポ酸とは?

α-リポ酸
α-リポ酸
リポ酸(lipoic acid、別名:α-リポ酸、チオクト酸)は、多数の酵素の補助因子として欠かせない光学活性のある有機化合物である。この分子はカルボキシル基と環状のジスルフィドを含んでいる。生物学上で重要なのはR体の方である。


リポ酸は好気性生物の代謝、特にクエン酸回路のピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体(PDC)の補因子としての役割を持つ。α-リポ酸はアシル基もしくはメチルアミンを2-オキソ酸デヒドロゲナーゼ(2-OADH)とグリシンデカルボキシラーゼ複合体(GCV)のそれぞれに運搬する。

リポ酸の酸化体はβ-リポ酸、還元体はジヒドロリポ酸である。

アルファリポ酸の効果

・ダイエット効果

アルファリポ酸には、体内のミトコンドリアを活性化する作用があり、摂取した脂肪を燃焼しやすくし、燃えやすいカラダ作りを補助する効果があります。

またアルファリポ酸には、血中のブドウ糖の排出をスムーズに行なわせる働きがあります。日本人の主食である米、パン、パスタに含まれる炭水化物は体内でブドウ糖となり、これが肥満の原因ではないか、という理論があり炭水化物を摂るのを控える「低炭水化物ダイエット」が流行していますが、アルファリポ酸を摂取し血糖値を安定させれば、美味しく食事を楽しみながら、低炭水化物ダイエットと同様の効果が期待できるのではないでしょうか。



・若返り・アンチエイジング効果

アルファリポ酸の抗酸化作用は非常に強力です。またアルファリポ酸の特徴の項でも触れましたが、コエンザイムQ10やビタミンCなど他の抗酸化物質が体内で使われた後もそれらを再生しリサイクルさせる働きがあります。そして水溶性、脂溶性のあるアルファリポ酸は体のすみずみまで効果を広げ、美肌効果、肌の再生、脳の活性化によるボケ防止、血流を活発にして肩こり、冷え性の改善など、若返りを目指す女性とって効果の望める成分であるとしてアンチエイジング作用のある成分と言われています。

α-リポ酸(リポ酸)による陰茎(ペニス)増大効果

アルファリポ酸の特徴は、強力な抗酸化作用と分子が非常に細かい事、そして水溶性、脂溶性がある事でしょう。つまりアルファリポ酸は体中の全細胞、内臓はもちろん皮膚の毛細血管や脳までにも、その抗酸化作用を広げてくれるのです。そしてアルファリポ酸のもう1つの特徴は、コエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、グルタチオンなど他の抗酸化成分を再生させて再利用する効果がある点です。



このようなアンチエイジングや日常代謝の活性化によって、加齢による身体システムの老化を緩和する作用があり、代謝力の向上により他栄養成分の吸収率や血流を良くする効果がある為、陰茎増大のみならず健康促進などにも役立たれており様々な健康サプリメントで利用されております。


α-リポ酸(リポ酸)の副作用

αリポ酸は、もともと体内に含まれる成分のため、摂取量を守っていれば、副作用が起こることは、ほとんどありません。

αリポ酸の摂取量の目安は、1日あたり100mgで、副作用が起きない上限は、200mgになっています。サプリメントで摂取する場合は、パッケージに表示されている含有量を、チェックしておきましょう。

ある臨床では、毎日200mgのαリポ酸を、約2年間継続して摂取した場合でも、副作用は確認されませんでした。

αリポ酸は、食事と一緒に摂ると吸収率が悪くなるので、食事の約30分前に摂っておくと、吸収率が良くなり、効果が期待できます。

また、妊娠中あるいは授乳中の女性が、αリポ酸を摂取したときの副作用については、臨床研究ではっきり安全が確認されていません。副作用を考え、αリポ酸の摂取は、念のため控えたほうがよいでしょう。
また、糖尿病の治療のために、インスリンの注射や薬を服用しているときに、αリポ酸を摂取すると、血糖値が下がり過ぎて、「インスリン自己免疫症候群」と呼ばれる低血糖発作による体の震えや発汗などの副作用が起こることもあります。


Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ