HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)の効能・効果

アスコルビン酸の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)とは?

アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)
アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)
アスコルビン酸(アスコルビンさん、英: ascorbic acid)は、栄養素ビタミンC としてはたらく、ラクトン構造を持つ有機化合物の一種。IUPAC命名法では、フランの誘導体と見なして、(R)-3.4-ジヒドロキシ-5-((S)-1.2-ジヒドロキシエチル)フラン-2(5H)-オンと表される。分子量は176.13 g/mol。光学活性化合物であり、ビタミンCとして知られるのはL体の方である。そのCAS登録番号は [50-81-7]。食品添加物の酸化防止剤として、広く使用される。

工業的製造法

L-アスコルビン酸はグルコースを原料として、主に2通りの経路で製造される。1930年代に開発された ライヒシュタイン法では、1段階の発酵のあとに、化学合成へ移る。より新しい2段階発酵法は、もとは1960年代に中国で開発された方法であるが、そこではその化学合成の後ろのほうの段階も酵素反応で置き換えている。どちらの経路も、用いたグルコースから約60%の収率でアスコルビン酸を産出する。全世界におけるアスコルビン酸の年間の生産量は約110.000トンにのぼる。

アスコルビン酸(ビタミンC)

グルコースに類似した6炭素化合物。柑橘類の果実や多くの野菜に含まれる。還元型のアスコルビン酸は人間に必須の栄養素であり、組織と骨の接合に必要である(コラーゲンの生合成)。生物学的に活性な状態である、ビタミンCはいくつかの代謝経路で還元剤や補酵素として機能する。ビタミンCは抗酸化作用があると考えられる。

アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)の副作用

サプリメントや健康食品の場合、アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)は食品添加物の酸化防止剤として利用されています。
FAO/WHOの機関も安全性評価をしていますが安全性の高い添加物です。
規格基準や使用基準、範囲も決まっていて毒性試験が行われていますので基準どおり製造されていれば安全なものです。

TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > アスコルビン酸(Lアスコルビン酸)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ