ステロイドの効能・効果アナボリック・ステロイドの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

ステロイドとは?

ステロイド
ステロイド
アナボリック・ステロイド(anabolic steroid)は、生体の化学反応によって外界より摂取した物質から蛋白質を作り出す作用―すなわち蛋白同化作用を有するステロイドホルモンの総称。多くは男性ホルモン作用も持っている。

『アナボリック』の語源は『構築する』を意味するギリシャ語の『anabolein』で、一般的には単に『ステロイド』と呼ばれるが、糖質コルチコイド成分の『ステロイド』(副腎皮質ホルモンなど)とは異なる。

アナボリックステロイドは筋肉増強剤として使用されることが主で、ドーピング薬物として知られる。短期間での劇的な筋肉増強を実現するとともに、常態で得ることのできる水準を遥かに超えた筋肉成長を促す作用から、運動選手らの間で長年にわたり使用されてきた。


アナボリック・ステロイドの効果と適応

そもそも生体から分泌される男性ホルモンの代表であるテストステロンの効力を改善するために合成されたことから、そのテストステロンに類似した物質であり、『蛋白同化ステロイド』や『蛋白質同化性ステロイド』あるいは『蛋白同化剤』や『タンパク質同化ホルモン』との訳語に明らかであるように、蛋白同化作用を強める働きを持つ。蛋白同化とはすなわち、摂取したタンパクを細胞内組織に変える働き(主に筋肉において)のことである。



その化学構造、17β-hydroxy-4-androsten-3-one.
アナボリックステロイドには『アナボリック・アンドロジェニックステロイド』(anabolic-androgenic steroid - AAS)―『男性ホルモン作用蛋白同化ステロイド』という異称がある。

米国スポーツ医学会は、数名の個体において、アナボリックステロイドが適切な食事摂取の下で脂肪を付けること無く体重を増加させることに寄与し、また、強度の運動と適切な食事の下で達せられる筋力増加がその使用によってより促進されることを認めている。

アナボリックステロイドは医療用に処方されることがある。その蛋白同化作用を用いて、骨粗鬆症や慢性の腎疾患の治療、あるいは怪我や火傷による体力の消耗状態の改善などを目的に用いられている。こうして医療用に処方されるアナボリックステロイドには、メスタノロン製剤とメテノロン製剤という2種類のそれがある。前者は骨粗鬆症、下垂体性小人症、慢性腎疾患、悪性腫瘍、外傷/熱傷による著しい消耗状態などの治療に用いられ、ヘモグロビン量や赤血球数の増加などの造血作用をも示す後者は、これらに加えて再生不良性貧血による骨髄の消耗状態の治療に用いられている。再生不良性貧血は骨髄中の造血幹細胞が何らかの原因で傷害されて生じる貧血である。一般に再生不良性貧血の治療は免疫抑制療法・骨髄移植・蛋白同化ステロイド療法などがある。そのうち蛋白同化ステロイドは軽傷例に使用する。蛋白同化ステロイドの疾患への効果のメカニズムとして、腎臓に作用してエリスロポエチン(赤血球産生を刺激するホルモン)を出させる働きと、造血幹細胞に直接作用して増殖を促す働きが考えられている。

HIVによる消耗状態に対する投与の治験も行われている。

アナボリック・ステロイドが及ぼす陰茎への影響

ステロイドの常用により異形に成長した男性のペニス
ステロイドの常用により
異形に成長した男性のペニス
アスリートを魅了し続けてきたアナボリック・ステロイドですが、必要以上のタンパク質育成や男性ホルモンの過剰分泌により、使用後体内でホルモンを育成することが出来なくなり、色々な重度の副作用が起こります。

使用中は、ホルモン分泌量なども促され、非常に精力的に活動出来るようになりますが、あまりにきつい薬なので様々な体調変化が起こり、常用し続けることは出来ません。男性・女性共にその効果は、ホルモンの過剰分泌によりクリトリスの陰茎化(肥大化)や男性器の異常肥大など性器自身にも多大な影響を及ぼします。

口から服用などした場合は、胃を通してこのように全身に影響及ぼしかねない為、注射器などで部分的に発育させる手法なども取られています。

精力減退(ED)、乳房の女性化、陰茎の肥大、睾丸の萎縮、無精子症。女性の場合は胎盤の男性化、声の深化、無月経、クリトリスの肥大など深刻な副作用が残るため、あくまでも悪しき例であり、これほどの大量の男性ホルモンの分泌は逆に危険です。陰茎増大においては通常以上の分泌量を促すだけでも十分に効果を得ることができます。

アナボリック・ステロイドの様々な副作用[※]

アナボリックステロイドには多くの副作用がある。その副作用は用量依存性で、最も一般的な副作用は血圧上昇とコレステロール値上昇である。空腹時血糖値や耐糖能検査の変化も見られている。テストステロンなどのアナボリックステロイドは、循環器疾患や冠動脈疾患のリスクを増大させる。にきびはアナボリックステロイド使用者によく見られ、多くの場合はテストステロン濃度増加に伴い皮脂腺が刺激されて起きる。

高用量のアナボリックステロイドを経口使用すると、アナボリックステロイドが消化管で代謝(C-17α位のアルキル化)され、その生物学的利用率および安定性が増すため、肝障害を起こすことがある。

高血圧、血中LDLコレステロールの増加、血中HDLコレステロールの低下により、心血管系の病気を誘発する原因ともなる。特に「心臓の運動」となる有酸素運動と組み合わせると、顕著な心肥大を起こさせるので絶対に組み合わせてはいけない。有名ランナーや自転車競技の選手が数多く心疾患で死亡している。

国際がん研究機関の査定に基づけば、アナボリックステロイドは、ヒトに対する発癌性(Group2A)をおそらく有している。

起こり得るその副作用群をまとめれば次のようになる。
肝障害、悪性肝臓腫瘍(肝臓癌)、前立腺癌、高コレステロール血症、高血圧症、心筋梗塞、糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、性腺刺激ホルモン分泌低下性性機能低下症、体液性免疫異常、ニキビ、筋断裂、毛髪の消失、しゃがれ声化あるいは金切り声化など。
多毛症:顔、乳首の間、背中、肩、大腿の裏、臍下、殿部などといった、体毛が少ない部分への異常な出現。
精神的症状:鬱病的症状、妄想、気分変動の激化、パラノイア、苛立ち。
行動変化:攻撃性や突発的な暴力衝動の発現。
使用者が男性の場合:『女性化』 ― 乳房の女性化、すなわち男性の乳房発育。声の高音化、睾丸の萎縮、無精子症(すなわち精液中の精子の減少)、前立腺の肥大、可逆性の生殖不能症。テストステロンなどの男性ホルモンの体内における自然分泌量が低下するために起こる。
使用者が女性の場合:『男性化』 ― 不可逆的な男性化あるいは男性化徴候、胎盤の男性化、声の深化、胸部の矮小化、無月経。
使用者の年齢によっては:思春期前期における早期骨端閉鎖。

筋肉増強剤としてステロイドを使用することは大変危険な行為であり、また筋肉増強剤に「正しい使い方」というものは存在しない。ステロイドをきちんと理解して使えば危険はないという情報は何ら科学的根拠が示されていない。使用することで健康に深刻なダメージを受けるリスクがあるから一般にドーピングとして禁止されているのであり、「こう使えば安全」「この薬なら危険が少ない」という情報で、使用する事は危険である。法に触れないということと、健康上問題がないということは必ずしも一致しない。


Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目