HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

アルギニン(Lアルギニン)の効能・効果

アルギニンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

アルギニン(Lアルギニン)とは?

アルギニン(Lアルギニン)
アルギニン(Lアルギニン)
アルギニン (arginine) は天然に存在するアミノ酸のひとつ。5-グアニジノ-2-アミノペンタン酸(5-グアニジノ-2-アミノ吉草酸)のこと。略号は R あるいは Arg。示性式 (H2NC(=NH)NHCH2CH2CH2CH(COOH)NH2) で表される。英発音に基づき、アージニンともいう。


クエン酸回路のケトグルタル酸からアルギニンの生合成が始まる。ケトグルタル酸からグルタミン酸が合成され、N-アセチルグルタメートに変換され、この物質がN-アセチルグルタメートキナーゼによりN-アセチルグルタメートリン酸へと変換させる。次に、N-アセチルグルタメートリン酸はオルニチンに変換され、オルニチントランスカルバミラーゼによりシトルリンに変換された後、アルギニンとなる。

アルギニンの性質

荷電極性側鎖アミノ酸。塩基性アミノ酸の一種で、蛋白質を構成するアミノ酸としては最も塩基性が高い。非必須アミノ酸ではあるが、成長期には摂取が必要。糖原性を持つ。

尿素回路の中間体であり、投与によりアンモニアの生体内解毒を助ける。尿素回路内で、アルギナーゼ (EC 3.5.3.1) によりオルニチンと尿素に分解される。アルギナーゼの欠損により高アルギニン血症になる。

条件付必須アミノ酸の1つ。外傷・褥瘡・感染などの侵襲下においては、充分な補給が望ましいとされる。免疫反応の活性化、細胞増殖促進し、コラーゲン生成促進などにより、創傷や褥瘡の治癒を促す。

アルギニンによる陰茎(ペニス)増大効果

アミノ酸は人間の体で有効な働きをする成分であり、L-アルギニンは非必須アミノ酸の中で極めて重要な役割をしているひとつです。

ペニスとの関係はきっても切れないアルギニンですが、特に、精子との関連性は深いことで知られています。健康な精子が作られるためには、アルギニンの影響が本当に強いのです。また、精子の数、強さ、などもアルギニンが握っているといわれています。

アルギニンを体内に取り入れると、体内で一酸化窒素を作ります。これはシトルリンにもある効果ですが、活性酸素除去、つまり、酸化防止の作用があるといわれているのです。勃起不全、つまりインポテンツに悩む方の大きな原因ともなっているのが、動脈硬化です。血液の障害で血管が弱くなる症状ですが、血管が弱くなったり血液の流れが悪くなることで、勃起できなくなってしまうのです。

勃起機能向上、また酸化防止効果が血管を強くし、それがペニス増大効果にもつながっていきます。アルギニンのサプリメントの摂取の仕方は、ビタミンB6や亜鉛と共に摂取することが理想的です。

体型的違いはありますが理想的な1日の摂取量は500mgといわれています。

アルギニンを多く含む食物と注意

アヒストンやプロタミンといった核蛋白質での含量が高く、魚類プロタミンでは全体の3分の2がアルギニンになっています。
食物では、肉類、ナッツ、大豆、玄米、レーズン、エビ、牛乳などに多く含まれていることが知られています。

しかし、ヘルペスに感染している人は、このL-アルギニンを摂取してはいけません。なぜなら、ヘルペスウィルスがこのL-アルギニンをエサにして繁殖してしまうからです。なので、ヘルペスに感染した場合、服用をやめ、医師の診断を受けるようにしてください。

TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > アルギニン(Lアルギニン)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ