HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

アルドステロンの効能・効果

アルドステロン(鉱質コルチコイド)の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

アルドステロンとは?

アルドステロン
アルドステロン
アルドステロン (Aldosterone) は主な鉱質コルチコイドで、血液におけるナトリウムとカリウムのバランスを制御するため、副腎皮質の球状帯から分泌されるステロイドホルモンである。1953年、シンプソンとテートによって初めて単離された。


腎臓におけるナトリウムの再吸収は、アルドステロンの分泌により促進される。アルドステロンが分泌されると、鉱質コルチコイド受容体のはたらきが活発になり、ナトリウムの再吸収を促進する。ナトリウムの再吸収は、水分の保持につながり高血圧をもたらす場合がある。アンジオテンシンは、副腎皮質球状帯に作用してアルドステロンの分泌を促進する。

アルドステロンの生成

腎皮質の中でコレステロールから合成される。 ほとんどのステロイド合成反応がミトコンドリアの中のシトクロムP450の水酸化酵素ファミリーによって促進される(補助因子としてアドレノドキシンを必要とする(21ヒドロキシラーゼと17αヒドロキシラーゼを除く))。


アルドステロンとコルチコステロンは、その経路の最初の部分を共有しており、アルドステロンはアルドステロンシンターゼ、コルチコステロンは11βヒドロキシラーゼによって合成される。

アルドステロンが及ぼす陰茎への影響

アルドステロン (Aldosterone) は主な鉱質コルチコイドで、血液におけるナトリウムとカリウムのバランスを制御するため、副腎皮質の球状帯から分泌されるステロイドホルモンです。

他の成長ホルモンなどと同じように、成長過程における自然分泌においては身体・陰茎・内臓など様々な育成に貢献するものですが、成人後の不適切な摂取においては思いがけない様々な副作用を及ぼすことでも知られています。

アルドステロンの副作用[※]

副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンには、ナトリウムイオンNa+、カリウムイオンK+および水分代謝作用の強い鉱質コルチコイドと、糖代謝等に対する作用の強い糖質コルチコイドの2種類がある。アルドステロンは、前者に属する最も強力なホルモンであり、おもに腎臓の尿細管でのNa+再吸収とそれに伴う水分吸収、およびNa+と交換的なK+と水素イオンH+の排出を促進する。したがって、アルドステロン過剰の状態たとえば原発性アルドステロン症では、ナトリウムと水分が過剰に吸収され、貯留する結果、浮腫(むくみ、水腫)、高血圧、心不全、ネフローゼ等をおこす。
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ