HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

アンドロゲンの効能・効果

アンドロゲンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

アンドロゲンとは?

アンドロゲン
アンドロゲン
アンドロゲン(英: androgen)は、ステロイドの一種で、生体内で働いているステロイドホルモンのひとつ。雄性ホルモン、男性ホルモンとも呼ばれる。雄では主に精巣のライディッヒ細胞から分泌される。雌では卵巣内の卵胞の顆粒層細胞から分泌されるアンドロゲンは卵胞内の卵胞上皮細胞で芳香環化されてエストロゲンに変換される。副腎においては雌雄ともに分泌される。アンドロゲンは肝臓で不活化されるため、経口投与ではほとんど効果がなく、投与は一般に注射によって行われる。

アンドロゲンとは雄の副生殖器の発育および機能を促進し、第二次性徴を発現させる作用をもつ物質の総称であり、数種類のホルモンからなる。乳児期早期(1-3ヶ月)の男性は思春期並に分泌量が多く、将来の精子形成に重要だとされているが、2歳から思春期を迎えるまでは分泌量が減少する。思春期開始時は男性器の発達のみに作用し、男性器の成長の第2段階から第3段階かけて分泌量が急激に増大する。増大すると共に変声など、他の体位でも作用し始める。アンドロゲンは卵胞刺激ホルモン(FSH)と共同して精子形成の維持に関与し、視床下部の負のフィードバック作用を介して下垂体前葉からの黄体形成ホルモン(LH)の分泌を抑制する。


アンドロゲンの作用

アンドロゲンは第二次性徴に多く分泌され、男性の思春期から始まる男性化への成長を促す成分です。


男性器の形成と発達
変声
体毛の増加
筋肉増強
性欲の亢進
男性型脱毛症
左脳の発育を抑え、右脳の発達を促すという俗説がある

アンドロゲンによる陰茎(ペニス)増大効果

男性器を成長させるのがこの男性ホルモンに一因されるように男性ホルモンの一種であるアンドロゲンも成長期の陰茎成長には不可欠な成分であり成長期においては多量に分泌されています。

そこで、アンドロゲンを投与することが不妊症の治療になったり、発育不全の一種、陰茎短少症(成人で4cm以下のペニス)の知慮になってもいます。

アンドロゲン自体は体内成分の一種であり医薬品でもあります。サプリメントなどで配合されることはありえません。

男性ホルモンの強制的な摂取は非常に危険であり、様々な副作用を起こします。陰茎増大という点においては、男性ホルモンは不可欠な要素のひとつですが、体内で育成されている以上は、それらの分泌作用を自身の身体内で活性化させるというアプローチの方が重要です。

アンドロゲンの副作用[※]

アンドロゲンは男性ホルモンの一種であり、コレステロールからつくられるステロイドホルモンで、数種類のホルモンがあります。男性ホルモンは、男性の場合、95%が睾丸(精巣)の中で、5%が副腎で合成・分泌されます。

これらは体内で作られる成分であり、外部より摂取する場合は経口投与ではほとんど効果がなく、投与は一般に注射によって行われます。


医薬品の為、サプリメントなどで法的に利用されることはなく、またサプリメントのように口から摂取しても身体に効果を与えることは出来ません。しかしながらステロイド・ホルモンと同等に男性ホルモンの強制増加という非常に危険な劇薬の一種であり、医師の処方無しで利用することは認められません。アンドロゲン自体が男性ホルモンの一種であるとだけ理解しておきましょう。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ