HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

オルニチン(Lオルニチン)の効能・効果

オルニチンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

オルニチン(Lオルニチン)とは?

オルニチン(Lオルニチン)
オルニチン(Lオルニチン)
オルニチン (ornithine.略称 Orn) はアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する物質のひとつ。アルギニンの分解によって生成する。分子式は C5H12N2O2、IUPAC命名法では 2.5-ジアミノペンタン酸(2.5-diaminopentanoic acid)と表される。分子量は 132.16。天然型は L体(S体)で、CAS登録番号は [70-26-8] である。D体(R体)のCAS登録番号は 348-66-3、ラセミ体のCAS登録番号は [616-07-9] である。

アルギニンと水との反応によって尿素と共に生成し、カルバモイルリン酸との反応でシトルリンとリン酸になる。また、クレアチン経路を構成する物質であり、グリシンとアルギニンの反応でもグアニジン酢酸とともに生成する。このようにアルギニンの代謝で重要な役割を果たす物質である。その他の代謝としては、オルニチンはオルニチンデカルボキシラーゼの働きによってプトレシンとなる。

オルニチンを人工たんぱく質の材料とする研究が行われたが、オルニチンがラクタム化してしまい以降のペプチド結合が作れなくなってしまったため、失敗に終わった。

オルニチンと健康回復

オルニチンには大きく分けて2つの健康回復効果が見込めます。
1つ目は、疲労回復効果です。

疲労は肝機能の低下によって起こるものが最近は増えています。
オルニチンは肝臓におきまして、アンモニアの代謝を行い、肝機能の解毒作用を助ける働きをします。

肝臓の解毒システムとして、「オルニチンサイクル」と呼ばれ、スムーズなエネルギー生成を促進し、疲労の蓄積を未然に防ぎます。
肝臓は他の臓器と違い、疲労による痛みを伴わないため、自覚症状がありませんので、疲れを感じ始めましたら、肝機能の低下の可能性がありますので、肝臓をいたわるように心がけましょう。

オルニチンには、二日酔いを解消する効果もあります。
二日酔いは自分の体のアルコール分解能力を超えた結果、体にアルコールが残りまして、吐き気や頭痛を引き起こす症状を指します。

二日酔いで死に至ることはありませんが、治るまでは生活に支障をきたします。
アルコールは過剰摂取しますと、肝臓が分解できずにアセルアルデヒドが体内に残ってしまいます。

アセルアドレヒドが、めまいなどの二日酔いの症状を引き起こすのです。
ここでも「オルニチンサイクル」により、アセルアドレヒドを解毒し、肝臓を守ります。

オルニチンによる陰茎(ペニス)増大効果

L-オルニチンとは、タンパク質を形成しない遊離アミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進する効果があり、この作用により筋肉を作るときに助けになってくれたり、肝臓で有害なアンモニアを無害な尿素に変える働きもしてくれるという、いわゆるオルニチン回路の主役でもあります。

成長ホルモンの分泌を助けるという点で、日常代謝力を高め、陰茎への刺激成分も成長期特有の成長状態にもっていきやすいという点で陰茎増大への期待が十分見込める成分です。

お酒を飲む人であれば、アルコールの分解も助けてくれ、年配の方の不摂生などには非常に役立つ成分です。

オルニチンの副作用

オルニチンには、疲労回復、ダイエット効果をはじめとして健康や美容に効果があるとされていますので、サプリメントとしても販売されています。オルニチンは体内で合成されます遊離アミノ酸の1つです。

オルニチンの含有量が高い食品には、しじみがあげられ、近年はサプリメントとしての摂取も盛んになっています。
サプリメントは摂取量が毎日決められていますが、誤って多く飲んでしまう可能性もあります。

その際に過剰摂取による副作用が気になりますが、医薬品ではありませんので、もともと体内でも生産されていますオルニチンの副作用はほとんどないとされています。
オルニチンは蓄積されず、随時消費されていきますので、毎日摂取することが大切になります。

1日当たり、400mg〜1000mgのオルニチン摂取が効果的とされています。
1日数g程度は過剰摂取になりませんが、度を超えた摂取はお腹がゆるくなる原因にはなります。

また、サプリメントには、オルニチン以外の成分も配合されていますので、過剰摂取によりアレルギーを引き起こす可能性もあります。
そのため、オルニチン自体には大きな副作用はありませんが、サプリメントとして摂取する場合には、配合成分にも気をつけなくてはなりません。

TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > オルニチン(Lオルニチン)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ