HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

カルニチン(Lカルニチン)の効能・効果

カルニチンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

カルニチン(Lカルニチン)とは?

カルニチン(Lカルニチン)
カルニチン(Lカルニチン)
カルニチン(carnitine)とは、生体の脂質代謝に関与するビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体である。


立体異性体のうち脂質代謝に利用されるのは L-カルニチンのみであり、エナンチオマーのD-カルニチンは活性がないとされている。日本においては、食品分野で利用されるL-カルニチン、希少疾病用医薬品であるレボカルニチン、胃薬として使用されるDL-カルニチンがある。以下は特に断らない限りL体について記述する。分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。

カルニチン(Lカルニチン)の性質

カルニチンは、生体内で脂質を燃焼してエネルギーを産生するに当り、脂肪酸を燃焼の場であるミトコンドリア内部に運搬する必須の役割を担う。

現在、サプリメントや機能性食品分野に多く使用され販売されている。カルニチンは、1905年に肉抽出エキス中に発見され、1927年に構造決定された。当時チャイロゴミムシダマシ(Tenebrio Molitor)に必須の成長因子として、ビタミンBTと名付けられた。1960年代までにカルニチンが長鎖脂肪酸のエネルギー代謝に必須の物質として認識され、その後も生理機能に関する研究が続けられている。なお、生体内で微量生合成されることがわかり、先述のビタミンの名称は現在ではほとんど使われていない。

日本においては、薬事法の適用を受けない(医薬品に該当しない)食品分野で利用されるL-カルニチン(フリーのL-カルニチン以外に加工特性を高めたL-酒石酸塩とフマル酸塩が使用されている)と、先天性欠乏症患者向け希少病医薬品であるレボカルニチン(塩化レボカルニチン=塩化L-カルニチン)、消化管機能低下に対する胃薬として数十年来使用されているDL-カルニチン(DL-カルニチン塩酸塩)がある。この中で、脂質のエネルギー代謝に関与するのはL-カルニチンである。


カルニチン(Lカルニチン)による陰茎(ペニス)増大効果

L - カルニチンは筋組織の中で高レベルに存在するアミノ酸であり、細胞内での脂肪代謝に必要なアミノ酸です。

脂肪はミトコンドリアによって燃やされて、細胞のエネルギーとなりますが、ミトコンドリアは膜に覆われていてそのままでは、脂肪はミトコンドリアの中に入れません。L-カルニチンのサポートでのみ、膜を通過することができ、ミトコンドリア内に浸透できます。このようにL-カルニチン(L-CARNITINE)は、脂肪を細胞内のミトコンドリアの中に運ぶことによって、脂肪代謝や基礎代謝について必須の役割を果たします。そこでは脂肪は、ベータ酸化と呼ばれるプロセスを経てエネルギーとして燃やされます。ベータ酸化機能は私達の筋肉のために特に重要です。

このようにL - カルニチンには日常代謝を高め、栄養分を迅速且有効に身体へ吸収させる役割がある為、併用する成分等の補給促進力を高めることで陰茎成長への大事なパイプラインともなりえます。


また、L - カルニチンが筋肉の中多くあると、体内の脂肪が早くエネルギーに転化され、結果としてダイエットに役立つとも言われており、男性のみならず女性にも人気の成分として様々なサプリメントなどでも活用されています。カロリー摂取を減らしても、脂肪が十分落ちない方、運動するにも拘わらず、ダイエットができない方は、試してみる価値があります。

L - カルニチンの副作用

Lカルニチンは体内でも生成されている物質であり、体内で基礎代謝を促進する、なくてはならない役割を担っています。そのため、必要量を一定期間以上摂取することでダイエット効果を高めることができます。

このダイエット効果を高めるという性質上、女性用サプリメントなどでは配合されることが多くあり、他成分との結びつきにより一部では下痢や胸やけを起こすと言われていますが、Lカルニチンのみを摂取しても副作用があらわれたという報告書は上がっていません。

ただし、他成分にも通ずることですが外部吸収による成分の過剰摂取は大なり小なり身体に影響を及ぼす可能性はあります。例えば、体を構成するタンパク質をつくるアミノ酸の過剰摂取は、下痢になったり、腎臓に負担をかけると言われていますので用法・容量は必ず守りましょう。

TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > カルニチン(Lカルニチン)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ