HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

ガラナの効能・効果

ガラナの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

ガラナとは?

ガラナ
ガラナ
ガラナは、ムクロジ科ガラナ属のつる植物で、南米のブラジル・アマゾン川流域が原産地の植物です。種子の部分を薬用として使用します。


花は7月〜8月に咲き、赤い果実が熟します。直径が8mmほどの大きさの種子は球形で表面に黒い光沢があります。この種子にはコーヒーの約3倍のカフェインやタンニンが含まれています。これらをアルコール抽出したエキスには強壮効果、疲労回復効果、鎮痛、解熱などがあるとされ、サプリメントなどにも多く利用されています。
現在でも、ブラジルで栽培されているものが多くあります。

ガラナの効果・効能

ブラジルが原産の植物であるガラナは、種子を加工して頭痛の治療薬や鎮痛剤として使用されていました。
ガラナには、コーヒーの約3倍のカフェインが含まれており、近年では滋養強壮効果を期待し飲料やガムなどに加工されて販売されています。


・むくみを予防・改善する効果
・運動能力を高める効果
・疲労回復効果
・アルツハイマー病を予防する効果

ガラナによる陰茎(ペニス)増大効果

南米の原住民グァラニー族(ガラナの名前の由来)は、ガラナを主に、滋養強壮、鎮痛、収斂、疲労回復、下痢止めとして使っており、後の研究によって、その効果が実証されています。

ガラナに含まれる豊富なカフェインは大きな特徴で、その含有量はコーヒーの約3倍であり、ガラナは身体を刺激し、活発な活動を呼び起こすことが知られていて、アメリカでは、ガラナの行動の敏捷性、闘争本能を呼び起こす作用が注目されています。


スタミナの維持・精力増強効果も同様に注目されています。

ガラナに含まれるカフェインの副作用

一般的に、カフェインの大量摂取は、不眠や不安を引き起こし、悪化すれば嘔吐やけいれん、高血圧を伴うといわれています。最も恐ろしいのが、心室がリズミカルな収縮を行わず、各部の筋肉がランダムに収縮する心室細動の発生です。このランダム収縮が数分続くと死に至ることです。

カフェインの致死量は経口摂取で13〜19グラム、静脈注射で3.2グラムです。いずれも尋常な量ではないが、決して侮れない劇薬なのです。ガラナについてもカフェインと同様の副作用があることを知っておくべきといえます。また、妊婦が毎日300mg(コーヒー3杯分)以上のカフェインを摂ると、流産や胎児の成長が遅れる危険性があるという報告です。そのため、妊婦の方はガラナの摂取は控えるべきです。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ