HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

クコシ(クコ)の効能・効果

クコシの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

クコシ(クコ)とは?

クコシ(クコ)
クコシ(クコ)
クコとは、ナス科クコ属に属する落葉低木植物です。樹高は0.5〜1.5mで、枝にはところどころトゲがあります。6月〜7月と9月の2回に渡り直径1cm程の薄紫色の花を咲かせます。秋になると先のとがった楕円形の真っ赤な果実を実らせます。


クコは海岸や河原、空き地などの周りに高い木が生えず、ある程度湿り気のある水地や砂地でよく育ちます。虫による食害を受けても耐え抜く強い生命力を持っており、樹齢は最高100年といわれています。栽培が簡単で肥料も必要としないため、家庭の庭などで栽培されていることもあります。

クコの原産地は中国などの東アジアです。

クコシ(クコ)の効果・効能

クコは、古くから食用や薬用として親しまれてきた植物です。ベタインやポリフェノール、ビタミンC、β-シトステロールなどを豊富に含んでおり、胃腸や肝機能の強化、老化や病気の予防、疲労回復、美肌作用まで多岐にわたる効果が期待されています。


・胃の健康を保つ効果
・肝機能を高める効果
・ダイエット効果
・生活習慣病の予防・改善効果
・血流を改善する効果
・感染症を予防・改善する効果
・ストレスをやわらげる効果
・美肌・美白効果
・下痢を予防する効果
・疲労回復効果
・眼病を予防する効果


クコシ(クコ)による陰茎(ペニス)増大効果

クコには、ベタインやβ-シトステロール、ビタミンB?、ビタミンB?、リノレン酸、ミネラル類なども豊富に含まれています。

また、クコに豊富に含まれるビタミンCは、丈夫な血管や筋肉、骨、肌などをつくるコラーゲンの合成に必要不可欠な成分です。コラーゲンはたんぱく質の一種で体内のたんぱく質の約30%を占めており、体の組織や細胞をしっかりと結びつける接着剤のような働きをします。さらに、ルチンにはビタミンCの吸収率を高める働きがあります。コラーゲンの合成がサポートされることで壊血病の予防や骨の強化につながります。

有機マカの副作用

クコ・クコの実・クコ葉・クコ茶・クコ酒・クコエキスなどの摂取量上限(過剰摂取基準)の詳細は特にありませんが、クコの安全性・副作用に関する次のようなものがあります。

クコを摂取してはいけない人
・妊娠中・授乳中の女性
・低血圧の人


クコの摂取にあたって注意が必要な人
・胃腸虚弱の人
・よく消化不良を起こす人
・下痢気味の人


クコの副作用
・乾燥させたクコの根皮を摂取すると吐き気・嘔吐の副作用が生じることがあります。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ