HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

グルココルチコイドの効能・効果

グルココルチコイド(糖質コルチコイド)の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

グルココルチコイドとは?

グルココルチコイド
グルココルチコイド
糖質コルチコイド(とうしつコルチコイド)は、副腎皮質の束状層で産生される、副腎皮質ホルモンの一つである。グルココルチコイド (glucocorticoid) とも言われる。


働きとしては、タンパク質を糖化(糖に変換(脱アミノ基))して、血糖量を上昇させる。また、グルカゴン、アドレナリン、成長ホルモンに対する許容作用があり、糖質コルチコイドが存在しないと、これらのホルモンの働きが起きない。

医薬品として使用され、抗炎症効果や免疫抑制効果がある。ステロイド系抗炎症薬や免疫抑制剤などでよく知られています。

ステロイドホルモンにおける糖質コルチコイド

ステロイドホルモンは、甲状腺ホルモン同様に、核内に受容体が存在するが、糖質コルチコイドは、核内にでなく、細胞質内に、細胞質受容体が存在する。糖質コルチコイドの細胞質受容体は、糖質コルチコイドが結合すると、立体構造が変化して、熱ショック蛋白質(heat shock protein:HSP)が外れ、DNA結合部位(zinc finger)が、露出し、核内に移動し、ニ量体を形成し、糖質コルチコイド応答性エレメント(glucocorticoid responsive element:GRE)に結合する。そして、DNAのmRNAへの転写に影響を与え、酵素蛋白質(抗炎症蛋白のlipocortinなど)の合成を調節する。

コルチゾール(ヒドロコルチゾン)は、1日、20mg程度、副腎から分泌され、早朝の血漿濃度は、12.0±4.24μg/dlと言われる。朝のコルチゾール値が5μg/dl以下の場合は、原発性及び続発性副腎皮質機能低下を疑う。
尿中遊離コルチゾールの正常値は、通常10〜100μg/M2/日と言われる(尿中コルチゾールは、安定しているので、24時間蓄尿の場合、酸や防腐剤は不要)。尿中遊離コルチゾールが、10μg/日の場合、副腎皮質機能低下を疑う。

グルココルチコイドが及ぼす陰茎への影響

グルココルチコイドは糖質コルチコイド(とうしつコルチコイド)とも呼ばれ、副腎皮質の束状層で産生される、副腎皮質ホルモンの一つです。

他の成長ホルモンなどと同じように、成長過程における自然分泌においては身体・陰茎・内臓など様々な育成に貢献するものですが、成人後の不適切な摂取においては思いがけない様々な副作用を及ぼすことでも知られています。

グルココルチコイドの副作用[※]

副腎皮質から分泌されるステロイドホルモンには、ナトリウムイオンNa+、カリウムイオンK+および水分代謝作用の強い鉱質コルチコイドと、糖代謝等に対する作用の強い糖質コルチコイドの2種類がある。グルココルチコイドは、後者に属する強力なホルモンであり、おもに腎臓の尿細管でのNa+再吸収とそれに伴う水分吸収、およびNa+と交換的なK+と水素イオンH+の排出を促進する。したがって、アルドステロン過剰の状態たとえば原発性アルドステロン症では、ナトリウムと水分が過剰に吸収され、貯留する結果、浮腫(むくみ、水腫)、高血圧、心不全、ネフローゼ等をおこす。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ