HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

シトルリン(Lシトルリン)の効能・効果

シトルリンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

シトルリン(Lシトルリン)とは?

シトルリン(Lシトルリン)
シトルリン(Lシトルリン)
シトルリン(Citrulline)とはアミノ酸の一種で、尿素回路を構成する化合物のひとつである。1930年に日本でスイカの中から発見され、そのラテン語citrullusに因んで名づけられた。哺乳類で広く存在する。化学式はC6H13N3O3、IUPAC命名法では2-アミノ-5-(カルバモイルアミノ)ペンタン酸であり分子量は175.2g/mol。CAS登録番号は[372-75-8]である。

ミトコンドリアでオルニチントランスカルバモイラーゼによって触媒される、オルニチンとカルバモイルリン酸の反応でリン酸と共に生成する。またサイトソルでアスパラギン酸、ATPと反応しオルニチンとAMP、ピロリン酸となる。この反応はアルギニノコハク酸シンテターゼによって触媒されるがこの酵素が欠けていると血中にシトルリンが蓄積し、また尿中に排出されるようになってシトルリン血症(シトルリン尿症)を発症する。

シトルリンはコドンで指定されているアミノ酸ではないため通常はタンパク質に含まれないが、タンパク質中のアルギニン残基がペプチジルアルギニンデイミナーゼによってシトルリンに変えられる。また関節リウマチ患者の80%はシトルリンを含むタンパク質に免疫反応を示すため、診断に用いられている。

シトルリンとアルギニンの関係

アルギニンは精力剤に良く利用されているアミノ酸の一種ですが、じつはこのアルギニンとシトルリンは人体内で強い関わりを持ちながら活動しています。シトルリンもアルギニンは元々別な成分ですが、お互いに変化しあって様々な働きをしています。

少し話しがややこしくなりますが、人体内では酵素の働きでシトルリンはアルギニンへと変換され、また一部のアルギニンはシトルリンへと再変換されて行きます。人間は排泄行為を通して身体にたまった毒素を主に尿として排泄します。尿の主成分は水分とアンモニアですが、これを体外に排泄する際にはアンモニアからシトルリンが作られ、このシトルリンがアルギニンとして変換されるのです。

そしてアルギニンはオルチニンと尿素に分解され、またオルチニンがシトルリンに再合成されて行きます。こうして尿路回路の中でシトルリンとアルギニンは相互に変化しあいながら老廃物や毒素などの有害物質を排泄させる身体のお掃除屋さんでもあるのです。

そしてシトルリンとアルギニンとの変換作用を手助けしているもう一つの重要な物質があります。それはNO(一酸化窒素)です。一酸化窒素は血管を丈夫にするのに欠かせない物質であると言う事は良く知られていますが、シトルリンが体内でアルギニンへと変換される際に二次的に発生する物質なのです。

シトルリンが血管を丈夫にすると言う働きにはこの一酸化窒素が深く関与しているのですね。でも、どうしてシトルリンはアルギニンに変換されなければならないのでしょう?それはアルギニンは大部分が肝臓で代謝される事で身体にとって重要な働きをします。ところがシトルリンは単体では代謝されない為に代謝されやすいアルギニンに姿を変えるのです。

シトルリンによる陰茎(ペニス)増大効果

シトルリン自体の効果や効能は、一酸化窒素を作り出し、血管が拡張し血流がUPしますのでいろいろな効果が期待できます。
効果の一例としては、筋肉増強、精力増強、冷え性改善、疲労軽減、運動機能向上、成長ホルモン分泌促進、抗酸化作用、動脈硬化抑制、栄養状態の改善、免疫回復、活性酸素消去作用、細胞の老化抑制、むくみ防止などです。

男性に一番人気があるのはもちろん精力増強です。これは血流UPと血管拡張で海綿体へ血液を入りやすくなるためです。

シトルリンの副作用

シトルリンについての副作用は、ほとんどないとの報告があります。

日本では、2007年8月から、厚生労働省通知によって、食品として利用可能な成分となりました。 現在の所、有害事象や、重篤な副作用の報告はありません。

但し、稀ですが、小児科領域でのシトルリン血症の方は禁忌扱いです。 この場合、尿素サイクルの合成酵素が欠損しているため、代謝異常となり、シトルリン濃度が最高100倍程度に達しますのでシトルリンの摂取は控えるべきです。
症状としては、興奮性亢進、多呼吸、哺乳不良、痙攣、硬直、嗜眠、昏睡、嘔吐、痙攣、精神身体発育遅滞、意識障害、異常行動などがあります。
TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > シトルリン(Lシトルリン)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ