HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

ショ糖脂肪酸エステルの効能・効果

ショ糖脂肪酸エステルの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

ショ糖脂肪酸エステルとは?

ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステル
ショ糖脂肪酸エステル(ショとうしぼうさんエステル)は、親水基のショ糖と、親油基の食用油脂から得られる脂肪酸で構成された非イオン性界面活性剤。シュガーエステルとも呼ばれ、主に食品用乳化剤として用いられる。

ショ糖の持つ8個の水酸基にステアリン酸やオレイン酸などの脂肪酸をエステル型に結合させたものであり、脂肪酸の種類やエステル化度により蝋状やペースト状など形状が異なる。HLB値は1~16程度のものまであり、用途により選択される。

ショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)の効果・効能

シュガーエステルは界面活性剤の一種であるが、食品添加物の分類の中では乳化剤と称している。単に水と油を混ぜ合わせる乳化の機能だけでなく、可溶化、分散、起泡、消泡、湿潤、でん粉の老化防止、洗浄、製造工程の改善、食感の改善、などさまざまな機能を包括的に乳化剤という名称で表現している。また、最適な機能を得るために複数の乳化剤と組み合わせて使用されることもあり、配合製剤としても利用されている。

乳化剤は多くの加工食品に使われているが、野菜などの洗浄の用途を含めればスーパーマーケットの食品売り場のあらゆる場所の商品に使用される可能性がある。乳飲料、マーガリン、コーヒークリーム、パン、クッキー、チョコレート、キャンディー、アイスクリーム、缶コーヒーなどさまざまな食品に使用されている。

ショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)による陰茎(ペニス)増大効果

シュガーエステルは、主に食品用乳化剤として用いられており様々な食品などにも利用されています。ショ糖脂肪酸エステルが身体に与える影響は高く、老化防止、保湿、食感改良、生地の物性改良に効果的です。

昨今では、美容やアンチエイジングなどを目的に美容サプリメントなどにも多く配合されていますが特にこれらのみを必須成分として摂取する必要性はあまり高くなく、ダイエットによる食事制限や美容系成分の補助的な役目として配合されるのみで有効性をそこまで必要とする成分ではありません。

ショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)の過剰摂取

多くの食材の保存原料として食品添加物の中にもショ糖脂肪酸エステルは含まれています。お菓子やパンなど身近な食品の中に、安全な添加物として「ショ糖脂肪酸エステル」は一般的に使用されています。

このショ糖脂肪酸エステルの過剰摂取は胎児への染色体の異常を引き起こす原因となるといわれています。また、胎児の影響の可能性は低くとも、発ガン性や肝臓肥大を引き起こす原因であるとの報告もあるため妊娠中女性などは摂取量を意識する必要があります。


TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > ショ糖脂肪酸エステル
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ