HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

ジェスタージェン(プロゲステロン)の効能・効果

ジェスタージェン(黄体ホルモン)の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

ジェスタージェン(プロゲステロン)とは?

ジェスタージェン(プロゲステロン)
ジェスタージェン(プロゲステロン)
ゲスタージェン(gestagen)とは子宮内膜に着床性増殖を引き起こす物質の総称。黄体ホルモン、ゲスターゲン、プロゲスターゲンとも呼ばれる。

代表的な物質としてプロゲステロンが知られている。ゲスタージェンは主に黄体から分泌されるが、動物種によっては胎盤からも分泌される。ゲスタージェンはエストロゲンの作用を受けた子宮内膜に働いて着床性増殖を起こす。また、子宮筋を弛緩させ、オキシトシンに対する感受性を低下させる。大量のゲスタージェンが長時間作用すると、視床下部を介して卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)を抑制するが、適量のゲスタージェンが短時間作用するとLHサージを誘起する。ゲスタージェンは肝臓で不活化され、大部分は消化管内、一部は尿中に排泄される。ゲスタージェンはヒトでは経口避妊薬として、家畜では発情周期の同期化に利用されている。

プロゲステロンの作用

プロゲステロンは血中から細胞に入ると、細胞内に存在するプロゲステロン受容体タンパク質に結合して複合体を形成する。この複合体は核内のDNAの特定の部分に結合することで、多くの遺伝子の発現を変化させる。この機構により、子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達や体温上昇などに関る。血糖値を正常にして、体脂肪を減少したり、利尿作用もある他に、他のホルモンのバランスを調整する役目をもつ。

サプリメントとしてのプロゲステロン

特に米国においては、プロゲステロンを配合したクリームが多数発売され、サプリメントとしての一大市場となっている。エストロゲンを投与されている際の過剰な子宮内膜の肥厚を抑制したり、骨粗鬆症、更年期症状、生理不順や生理前後の肉体的、精神的不調の緩和などに効果があるとされている。日本国内においてもこれらを輸入販売している業者が存在する。しかしこのような市販のプロゲステロンクリームに関しては、科学的根拠に乏しいという批判がある。


前述のようにプロゲステロンは通常の経口投与などでは代謝分解されやすく、医療現場ではめったに使用されることはなかった。プロゲステロンクリームのメーカーや、これを推奨する一部の医師は、クリームを肌に塗布することがこの問題点を克服する方法であると主張する。塗布後の血中プロゲステロン濃度の上昇であるが、実際に2-5 ng/ml程度の血清濃度の増加があるという報告がある。しかしながら、プロゲステロンは健康な女性の生理周期のピーク時で30-45 ng/ml、妊娠中にはさらに大量の分泌がなされるものであり、クリームによるプロゲステロンの補充が、メーカーによって宣伝される更年期、生理前後の不調の緩和には不十分ではないかと懸念されている。また多数のメーカーが生産しており、医薬品のホルモン製剤に比べてFDAの監視も緩やかとなるため、品質やホルモンの含有量に必ずしも信頼が置けないという問題もある。

ゲスターゲン療法

「ゲスターゲン剤」を投与することによって、その後の数日の間に人為的に生理を起こさせる治療法。妊娠を望んでいない「無排卵性月経」の人への治療法で、定期的に消退出血を起こすことで通常と同じような月経サイクルを作り出す。

TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > ジェスタージェン(プロゲステロン)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ