HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

セルロースの効能・効果

セルロースの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

セルロースとは?

セルロース
セルロース
セルロース (cellulose) とは、分子式 (C6H10O5)n で表される炭水化物(多糖類)である。植物細胞の細胞壁および繊維の主成分で、天然の植物質の1/3を占め、地球上で最も多く存在する炭水化物である。繊維素とも呼ばれる。自然状態においてはヘミセルロースやリグニンと結合して存在するが、綿はそのほとんどがセルロースである。

セルロースは多数のβ-グルコース分子がグリコシド結合により直鎖状に重合した天然高分子である。構成単位であるグルコースとは異なる性質を示す。いわゆるベータグルカンの一種。

セルロースサプリメントの働きと注意点

植物が、動物のように硬い骨がないのに直立できているのはセルロースの働きによります。植物の細胞の壁にセルロースが含まれており、硬い壁を作り上げています。
セルロースは、ヒトの消化液では消化されない不溶性の食物繊維です。

植物に含まれる主要な成分であることから、地球上にもっとも多く存在する炭水化物の一種です。
消化されないので栄養素にはなりませんが、腸内で有害物質を吸着し、腸を刺激し、便通を良くし体外へ排出する働きがあります。食物繊維が少ないと有害物質が、いつまでも体内に残り、肝臓の機能が低下し、有害物質の分解が行われず人体にダメージを与えます。

食物繊維には、水を吸収し膨れるので、食物繊維の多い食事をすると腸内で膨張し、便通を促します。
その他、セルロースを含む食物繊維には、食べ過ぎを防止し、がん、糖尿病、脂質異常、肥満、腸内環境改善に効果があります。

セルロースの利用

セルロースは、不溶性の食物繊維で、主に穀物の外皮に多く含まれ、地球上で最も多く存在する炭水化物だと言われています。一般に、カプセル剤の材料に使用されています。セルロースは主に、ごぼうや豆類などの野菜に含まれていますが、植物の骨格をなす成分として重要な役割を果たしています。

その他、水で溶かすと粘りを増す作用があるため、増粘剤として使用され、強く柔軟な被膜を形成する働きがあることから、口紅やマニキュアなどの皮膜形成剤としても使用されています。

セルロースの副作用

セルロースは炭水化物の一種です。ヒトの体内ではこれを消化分解することができません。これが食品に入っている場合は「増粘安定剤」として使われており、粘り気やとろみを出す用途で使用されます。サプリなどでよく使われているセルロースもこの粘りを出す目的です。実際には女性が好むような形にするなどした結果このセルロースが多く使われるようになりました。1粒のサプリメントの中で2?3割の栄養素に対し、7〜8割の増粘剤という商品もあります。このような不要な添加物はアレルギー誘発物質となり、アレルギー症状を引き起こす可能性があります。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ