HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

ダミアナの効能・効果

ダミアナの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

ダミアナとは?

ダミアナ
ダミアナ
ダミアナは小さな低木で、縁に沿ってさ3 〜6つのぎざぎざを持つ10〜25mm程度の槍形のとても芳しい葉が特徴的です。メキシコから中央アメリカ、南米、西インド諸島一帯に自生しています。

ダミアナの植物学名は『トゥルネラ・アフロディジィアカ』と言い、その名前自体が既に媚薬(英語で媚薬をアフロディジィアックと言う)として古くから用いられてきたことを如実に物語っています。古代マヤ文明の時代には媚薬的用途以外にも目眩やバランス感覚失調の治療にも利用されていました。1888〜1947年にかけてダミアナの葉はエリクシルと共に『Natopmal Formulary』に掲載され、一世紀以上に渡りダミアナの使用は、男性・女性両用の精力増強や生殖機能向上と関連付けられて来ています。一方、ダミアナは、抗欝、強壮、利尿、咳薬、通じ薬としても有効であるとも考えられています。

ダミアナの効果・効能

ダミアナの化学構成はとても複雑で、その構成要素については未だ研究の余地が残されています。


成分について現時点で判っているところでは、0.5%〜1%の揮発性オイル、ゴンサリトシン(シアングリコサイド)、アルブティン、タンニン、ダミアニン(茶色で苦みのある成分)があります。ダミアナの葉にはベータシトステロールが含まれていて、これは生殖器官を刺激する要素と考えられています。ダミアナの摂取量としては、1日3〜4gが適量であると報告されています。

ダミアナによる陰茎(ペニス)増大効果

古代マヤ文明の時代には媚薬的用途以外にも目眩やバランス感覚失調の治療にも利用されていました。1888〜1947年にかけてダミアナの葉はエリクシルと共に『Natopmal Formulary』に掲載され、一世紀以上に渡りダミアナの使用は、男性・女性両用の精力増強や生殖機能向上と関連付けられて来ています。


ダミアナの葉にはベータシトステロールが含まれていて、これは生殖器官を刺激する要素と考えられています。
一方、ダミアナは、抗欝、強壮、利尿、咳薬、通じ薬としても有効であるとも考えられています。

ダミアナの副作用

国内では医薬品としての承認はありませんが、南米等では強壮、催淫等の効果があるとされ、民間薬として用いられています。

使用量により、若干の興奮作用等がある為ハーブなどにも利用されていますが昨今の合法ハーブ問題よりこれら成分の乱用には規制が入る見通しです。また興奮作用のみでは陰茎増大には作用しない為、この成分を配合しているものを利用する必要はありません。
使用上の注意としては、

・アルカロイドを含むので妊娠中、授乳中は使用しない。
・中枢神経系に作用するので不安、不眠、頻脈の場合には慎重に使用する必要がある。
・コーヒー、紅茶、ガラナ、コーラ、高麗人参などと共に使用しないほうが良い。
・高用量での摂取は下痢に繋がる。

などが挙げられます。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ