HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

テストステロンの効能・効果

テストステロンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

テストステロンとは?

テストステロン
テストステロン
テストステロン(testosterone)は、アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種です。アンドロゲンは3つある男性ホルモンをまとめて言う総称で、テストステロン・ジヒドロ・テストステロン・デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)のことでありテストステロンはこの男性ホルモンの中のひとつです。

哺乳類のオスでは睾丸で95%、副腎で5%、メスでは卵巣や副腎から男性の5-10%程度ながら分泌される。

性ホルモンとしての作用

胎生期、妊娠6週目から24週目にかけて大量のテストステロンが分泌される時期があり、これに曝されること(アンドロゲン・シャワーと呼ばれる)によって、脳は女性的特徴(ホルモン分泌の周期性)を失う。なお、男性外生殖器の形成に関係するのは、5αリダクターゼにより、代謝されたジヒドロテストステロン(DHT)によるもの。

思春期以降の男性では睾丸からの分泌が顕著に増加し、男性的な身体の特徴が形作られる(二次性徴)。

一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1-2%の割合で減少する。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれるが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きい。ストレスなどで急激な減少を起こすと、男性更年期障害を起こす。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。

テストステロン(男性ホルモン)による陰茎(ペニス)増大効果

テストステロンの作用により男性の副性器は発育増大。性欲や陰茎の勃起にもテストステロンが必要で、女性に注射した場合も性欲が増進すると言われている。テストステロンは体内ですぐに代謝されてしまい、ほかの物質に変わっていくので尿や血液から検出される量は極めて徴量。注射によってテストステロンを摂取する場合、約3週間(2〜4週間)毎に注射をしなけれぼ、持統的な効果は期待できない。量の差によって持続時間も変わるが、いくらでも溜め射ちができるというわけではない。

医師の指示を守り、適切な量を一定期間毎に投与するよう心がけてください。

テストステロン(男性ホルモン)の副作用[※]

声の男性化・無月経・性器異常(陰核肥大)など。ホルモン使用を中止すると筋肉のつき方や体毛の生え方は徐々に元に戻っていくが、一度肥大した陰核や声は完全には元に戻らないといわれている。妊婦に投与すると、女の胎児に男性化を起こすなどの副作用がある。

男性ホルモンには咽頭粘膜を厚くする作用があるため、一般に男性は女性よりも声が低い。女性でも男性ホルモンを長期問に渡り大量に投与し続けていると、声は低音になってくる(これは不可逆的なもので、いったん声変わりが済んでしまうと、ホルモン投与を止めても完全には元に戻らないといわれている)。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ