HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

デキストリンの効能・効果

デキストリンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

デキストリンとは?

デキストリン
デキストリン
デキストリン (dextrin) は、デンプンまたはグリコーゲンの加水分解で得られる低分子量の炭水化物の総称である。α-グルコースがα-(1→4) または α-(1→6)グリコシド結合によって重合した分子構造である。中国語から糊精(こせい)とも呼ばれる。多糖類に分類され、デンプンとマルトースの中間にあたる。

構造中に多数のヒドロキシ基を持つため水溶性である。ただし、分子量の増加とともに水への溶解性は低下していく(難溶性デキストリン)。生体内では、アミラーゼによってマルトースに分解され、最終的にグルコースとなるが、一部、アミラーゼによって分解しにくい成分があり、これを精製して得られる難消化性デキストリンは、整腸作用と食後血糖上昇抑制作用があることが報告されている。

デキストリンの利用

粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤として用いられている。人体には、便秘解消やダイエットの効果もあるとされ、健康食品やスナック菓子類にも利用されている。

ダイエット効果のあるデキストリン

ダイエットや糖尿病対策といっても、できるだけ安全性の高いもので行っていきたいものです。難消化性デキストリンの場合は、食物繊維であることから、あまりにも過剰に摂取すると、お腹がゆるくなる事が想像できますが、これといった副作用や安全性の問題は今のところ確認されていないようです。

薬剤で血糖値を下げようとすると、血糖値の急降下によって、低血糖が原因のめまいや昏睡状態といった危険な症状を引き起こす可能性がありますが、難消化性デキストリンによる血糖値の下降においては、このような危険性はないとされています。

難消化性デキストリンはミネラル類の吸収を阻害することなく、糖分の吸収をカットするのではなく、吸収の速度を遅らせることで、体に安全に作用していきます。このため副作用や安全性のメリットから、美容目的のダイエットからメタボ改善、糖尿病対策にまで幅広く使用されています。

デキストリンの副作用

デキストリンは片栗粉などのデンプンを加工した素材で分類上は食品添加物ではなく、食品素材です。デンプンはそのままでは水に溶けませんが、デキストリンはデンプンを細かく分解したものなので水に溶けやすくなります。

加工食品には非常に広く使われていますし、医薬品や健康食品などの成分を取り扱いやすくするための補助材としても多用されています。消化されてエネルギーに変わる炭水化物であり、危険性はありません。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ