HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

フコキサンチンの効能・効果

フコキサンチンの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

フコキサンチンとは?

フコキサンチン
フコキサンチン
フコキサンチン(Fucoxanthin)は分子式 C42H58O6 で表され、非プロビタミンA類のカロテノイドの一つであり、キサントフィルに属しアレン構造、エポキシドおよびヒドキシル基を有している。フコキサンチンは、褐藻やその他の不等毛藻に存在して茶色-オリーブ色を呈するとともに、葉緑体において光合成の補助色素として機能している。フコキサンチンは可視光線のうち主に青色(400-500nm)の波長域を吸収し、450nm 付近に吸収極大を持つ。特に、褐藻類中のカロテノイドの大部分がフコキサンチンである。

生物がフコキサンチンを摂取した場合の栄養学的(ニュートリゲノミクス的)な研究が、ラットやマウスを用いて北海道大学で行われている。これにより、フコキサンチンが、通常は褐色脂肪細胞に特異的に存在するタンパク質であるサーモゲニン(Thermogenin;熱産生タンパク質)のUCP1(uncoupling protein 1)の発現を白色脂肪細胞において促すことで、脂肪組織における脂肪の燃焼を助けることが明らかとなった。

また、フコキサンチンによる抗腫瘍作用の研究がマウスやヒト癌細胞を用いて、1990年頃から各大学研究所や食品総合研究所などで行われている。これらの研究により、フコキサンチンはカスパーゼ-3の活性化を促し、腫瘍細胞へのアポトーシス誘導(DNA断片化)及び、抗腫瘍作用を促すことが明らかとなった。

フコキサンチンの健康効果

フコキサンチンは強い抗酸化力のあるカロテノイドの一種です。鮮橙色をしており、コンブやワカメなどの海藻類に豊富に含まれています。抗酸化作用だけでなく、抗肥満作用・抗糖尿病作用などがわかっており、非常に注目されています。

◎老化や病気から体を守る効果
◎メタボリックシンドロームを予防する効果
◎糖尿病を予防する効果


フコキサンチンによる陰茎(ペニス)増大効果

フコキサンチンが持つ抗酸化力は、体内に必要以上に発生した活性酸素の増加を抑えて老化を予防するほか、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など心臓血管系の病気の予防に役立ちます。本来、活性酸素は体の中に入ってきた細菌やウイルスを退治する働きを持つため、人間の体にとって必要なものですが、増えすぎるとその強力な作用により細胞を傷付けてしまうため、生活習慣病や老化の原因となります。

現在、多くのアンチエイジングやダイエット効果を期待するサプリメントや食品に使われていますが、効果期待はありますものの陰茎増大に関しては他に有効な成分があり必ずしも必要とするものではありません。

フコキサンチンの副作用

フコキサンチンの過剰摂取による副作用はいまのところ 報告されていませんが、 どんな食品でも過剰摂取はあまり好ましいことではありません。
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ