HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

ヨヒンベ(ヨヒンビン)の効能・効果

ヨヒンベの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

ヨヒンベ(ヨヒンビン)とは?

ヨヒンベ(ヨヒンビン)
ヨヒンベ(ヨヒンビン)
ヨヒンビン(英: yohimbine)は、分子式C21H26N2O3で表されるアルカロイドである。アカネ科の植物ヨヒンベ(Pausinystalia yohimbe Pierre)から発見された。骨格的にはラウオルフィアアルカロイド(Rauwolfia Alkaloid)に属する。

ヨヒンビンはα受容体拮抗薬であり血管壁に分布するα1受容体遮断作用も交感神経系に分布するα2受容体遮断作用をも示す。あるいは中枢におけるセロトニンに対する拮抗作用も知られている。

血管拡張に作用する抗アドレナリン作用のα1受容体遮断作用より交感神経に作用するα2受容体遮断作用の方が強い。抗アドレナリン作用の発現量では副作用を示すために臨床的には利用されない。

また催淫作用があるとされているが、作用機序的には生じた興奮を減弱させる因子を遮断するように働くと考えられる。興奮にたいして積極的には作用しないので増量しても効果が増強するよりはむしろ副作用の発現・増強を心配する必要がある。副作用としては嘔吐や大量服用の場合は延髄麻痺による死亡例が知られている。

ヨヒンベ(ヨヒンビン)の効果・効能

ヨヒンビンとは、はアフリカが原産のアカネ科の植物ヨヒンベに含まれる成分で、血流量を増加させる作用があり、ペニス増大や、男性機能の強化に効果があります。

日本では、薬事法で指定されています。海外からの輸入ペニス増大サプリメントには非常に多く利用され、人気があります。ヨヒンベ、またはその成分のヨヒンビンは、非常によく効くサプリメントですが、たくさん取り過ぎると、動悸や吐き気をはじめ、不快症状が現れるので注意が必要です。またSSRI、SNRI、抗うつ剤などの薬との併用は副作用の原因となるので、絶対に避けてください。

現在、ヨヒンベのサプリメントは、海外から輸入に頼るしかありませんが、国内にも輸入代理店や個人輸入業者がいるので、利用してみるのもよいでしょう。
ヨヒンベは大変強力な成分ですから、そのサプリメントにどれくらい入っているのかなどを調べ、服用するときは注意し、不快症状が現れた場合はすぐさま服用を中止してください。

ヨヒンベ(ヨヒンビン)による陰茎(ペニス)増大効果

ヨヒンベには、血流を促進させる効果があるといわれています。

全身の血流が良くなりますから、ペニスに流れ込む血液の量も増えて大きなペニスが実現します。
ただ、この効果が高過ぎるという問題点があるため、日本では薬事法に指定されているのです。摂取する際は、十分に注意する必要があります。

ヨヒンベ(ヨヒンビン)の副作用[※]

厚生労働省もヨヒンベの副作用を警告しています。肝臓や腎臓病や前立腺の病気を持っている人に対して飲ませてはいけません。また、大量摂取することも、長期的に飲むことも禁止されています。

副作用としては、興奮、手足のしびれ、不安感、動悸や血圧上昇、顔のほてりがあります。

確かに、ヨヒンベはEDや勃起不全に効果はありますが、市販サプリにおいては他成分の効用と結合して何が起こるか分からないので服用しない方が無難です。

TOP > Agnes(アニエス)とは? > 増大有効成分一覧表 > ヨヒンベ(ヨヒンビン)
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ