HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

二酸化ケイ素の効能・効果

二酸化ケイ素の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

二酸化ケイ素とは?

二酸化ケイ素
二酸化ケイ素
二酸化ケイ素(にさんかケイそ. 英: silicon dioxide)はケイ素の酸化物で、地殻を形成する物質の一つとして重要である。組成式はSiO2シリカ(英: silica)、無水ケイ酸とも呼ばれる。圧力、温度の条件により、多様な結晶相(結晶多形)が存在する。

結晶は共有結合結晶であり、ケイ素原子を中心とする正四面体構造が酸素原子を介して無数に連なる構造をしている。

二酸化ケイ素の結晶多形の中で代表的なものとして、石英(英: quartz、水晶)、鱗珪石(英: tridymite、トリディマイト)、クリストバライト(英: cristobalite)、コーサイト(英: coesite)、 スティショバイト(英: stishovite)、ザイフェルト石(英: Seifertite)、衝撃石英(英: Shocked quartz)などがある。

二酸化ケイ素の性質

温度と圧力を変化させた場合のシリカ鉱物(SiO2)の安定関係が次第に明らかになってきた。常温常圧下ではα石英が安定だが、573 ℃でβ石英に転移する。さらに温度を上げると、870 ℃でトリディマイト、さらにクリストバライトとなり、融解に到る。温度ではなく圧力を上げていくと、500 ℃から800 ℃の場合は、3.5 GPaでコーサイト(1953年に合成)に、10 GPaでスティショバイト(1961年に合成)に転移することが分かった。

ケイ素原子は非常な高圧下では6個の酸素原子が配位した八面体構造をとることもある。1961年にソ連のS.M.StishovとS.V.Popovaが1200 ℃、160 kbarという条件下で人工的な合成に成功したスティショバイトである。これは隕石が地表に衝突した際にも生成する。例えば、バリンジャー隕石孔から発見されている。遷移層から下部マントル程度の高圧条件下ではシリカはスティショバイト構造をとると考えられている。

品質保持目的としての二酸化ケイ素(シリカ)

シリカは、二酸化ケイ素ならびに微粒二酸化ケイ素の状態で、現在日本国における食品添加物として厚生労働省よりの使用が認められています。

シリカはその吸着性を利用してビールや清酒、みりんといった醸造物や食用油、醤油、ソースなどのろ過工程に使われるほか、砂糖、缶詰などの製造工程にも用いられており、微粒二酸化ケイ素は吸湿・乾燥材としても使用されています。とくにふりかけなどの粉形食品には湿気ってダマになるのを防ぐ目的で添加されることもあります。

食品添加物として利用される非結晶性のシリカは、「無水ケイ酸」とも呼ばれ不溶性で、体内で消化吸収されず排出されるため身体に害はありませんが、気をつけないといけないのは、厚生労働省による使用制限に「母乳代替食品及び離乳食に使用してはならない」とあります。


上述より、二酸化ケイ素自体に健康増進などの目的はなく、あくまでサプリメント・薬剤(成分)の品質の保持目的で使用されます。

二酸化ケイ素の副作用

サプリメントや健康食品の場合、二酸化ケイ素、酸化チタンは食品添加物になります。
FAO/WHOの機関も安全性評価をしていますが安全性の高い添加物です。
規格基準や使用基準、範囲も決まっていて毒性試験が行われていますので基準どおり製造されていれば安全なものです。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ