HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

紫いも(ダイジョ)の効能・効果

紫いもの陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

紫いも(ダイジョ)とは?

紫いも(ダイジョ)
紫いも(ダイジョ)
ダイジョ(大薯、ダイショ)は、ヤムイモ(Dioscorea 属の食用種)の1種の芋類。学名 Dioscorea alata。シンショ(参薯)、デンショ(田薯)、オキナワヤマイモ(沖縄山芋)、タイワンヤマイモ(台湾山芋)、ウベ (フィリピン語:ube)、パープルヤム (purple yam)、ウォーターヤム (water yam) とも。

ときおりヤマイモの1種と誤解されるが、ヤマイモ(ヤマノイモ、D. japonica)は同属別種である。ショヨ(薯蕷)とも混同されるが、ショヨはナガイモ(D. opposita)のことで、これも同属別種である。

芋の中身は鮮やかな紫色をしているものが多いが、白色の品種もある。紫色のものはベニヤマイモ(紅山芋)、ベニイモ(紅芋)とも呼ぶ。紫色の色素はポリフェノールの1種アントシアニンで、ムラサキイモと同じである。ただし、ムラサキイモはサツマイモの紫色の品種で、ダイジョとは近縁ではない。なお、呼び分ける場合はダイショをベニイモ、サツマイモをムラサキイモと呼ぶが、しばしば混用される。

紫いも(ダイジョ)の効果・効能

紫いもは青紫色のアントシアニンを豊富に含んでいるさつまいもの一種です。
紫いもにはアントシアニンに加え、さつまいも本来の成分であるビタミンCやビタミンE、β-カロテン、食物繊維などの成分が豊富に含まれており、健康に幅広く働きかけます。

・視機能を改善する効果
・美肌・美白効果
・便秘を解消する効果
・生活習慣病の予防・改善効果
・老化や病気から体を守る効果
・免疫力を高める効果
・肝機能を高める効果

紫いも(ダイジョ)による陰茎(ペニス)増大効果

紫いもにはりんごの約5倍以上といわれる程多くのビタミンCが含まれ、美肌効果があると期待されています。また紫いもに含まれているビタミンCは、同じく豊富に含まれているでんぷんによって守られるため、加熱しても壊れにくい特徴を持ちます。
紫いもには食物繊維が豊富に含まれ、その量はじゃがいもの約2倍です。食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2つに分類され、紫いもにはそのどちらの食物繊維も含まれています。


代謝機能の改善やアンチエイジングなどに広く利用されており、健康食品のひとつとして有名です。

紫いも(ダイジョ)の副作用

元々が食材として利用されており、基本的には安全な成分ですが、含まれている成分にアレルギーがあるという方は、何か異常が引き起こされる可能性があります。
Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ