HOME HOME ペニス(陰茎)の構造・仕組み ペニス(陰茎)の増大について Agnes(アニエス)とは? Agnes(アニエス)シリーズの評価・レビュー・口コミ Q&A/安心サポート/その他

プラセンタの効能・効果

胎盤(プラセンタ)の陰茎増大効果

陰茎増大有効成分一覧表

プラセンタとは?

プラセンタ
プラセンタ
プラセンタとは、哺乳類の胎児を成長させるための胎盤のことです。
胎盤には、アミノ酸、たんぱく質、糖質、ビタミン類、核酸、ペプチド、ムコ多糖類などの代謝や肌質の改善に必要とされる成分が豊富に含まれています。

中でも非常に多く含まれているアミノ酸には、皮膚細胞の新陳代謝を高め、肌に潤いを与えたり、血液やホルモンを正常な状態に保つ働きがあります。


哺乳類の体内で胎盤が形成される過程は、精子と卵子が受精し受精卵となり、子宮に移動して着床することから始まります。その後、受精卵から柔らかい絨毛(じゅうもう)が無数に伸び、子宮の内壁と結合します。この絨毛が成長して、胎児と子宮内壁との間にできるものが胎盤です。未熟な胎児の生命活動を全て担っており、栄養の補給から老廃物の除去まで一貫して胎児を守り育てるために必要とされます。厚みがあり、へこんだ円盤型をしている胎盤は、体内で胎児を優しく受け止めるクッションのような存在でもあります。
また、胎盤は未熟な胎児の細胞が正しく分裂を繰り返し、健康に育っていくために働きかける成長因子が含まれており、現代人の美容と健康に対して優れた効果を発揮するといわれています。

胎盤(プラセンタ)の健康効果

アンドロゲンは第二次性徴に多く分泌され、男性の思春期から始まる男性化への成長を促す成分です。


男性器の形成と発達
変声
体毛の増加
筋肉増強
性欲の亢進
男性型脱毛症
左脳の発育を抑え、右脳の発達を促すという俗説がある

胎盤(プラセンタ)による陰茎(ペニス)増大効果

プラセンタはホルモンのバランスを整え、自律神経の働きを正常にし、体調不良を改善する効果があるといわれ、更年期障害の治療にも使用されています。

この効果により、陰茎増大効果が見込めると思われることもあるかもしれませんが、配合されている主成分量があまりにも微量で、直接細胞成長に繋がるようなものではありません。

胎盤(プラセンタ)の副作用

ごくまれにですが、アレルギー反応や、薬剤性肝障害などの副作用が発生したことも厚生労働省のホームページに掲載されています。

そのため、アレルギー体質のが、サプリメントなどを購入する時は、原材料を確認してから購入することが大事です。また、薬の服用などで、肝機能が弱っている場合もあるので、肝機能障害のある方は、注意が必要といえます。

また、服用として取り入れる場合、胎盤由来の成分のため、胎児が栄養を摂取していたことでも分かるように、成長に必要なタンパク質や、アミノ酸、脂質などのほか、成長因子とゆうものが含まれています。これは、細胞を活性化するため美肌に有効ともいわれていますが、一方では、新陳代謝を促すため、体が栄養を必要とし、必要以上に食欲が促されてしまうと、太ってしまうとゆう副作用が出る場合もあります。

Agnes(アニエス)シリーズの説明や製品に関連する項目
このページの先頭へ